読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

那天

ゲームとか本とか好きなおたくが好きなものについて語るブログです。

好きなゲームのラスボス曲について

こんにちは、ラスボス曲を視聴するのが趣味のものです。

 

ラスボス曲に限らず、物語を彩るゲーム音楽というものが好きなのですが、やはりその中でも特に、物語の最後、ラストボスとのバトル曲が好きです。

ゲームの中でどういう道程を歩んできたのか、相手はどんな敵なのか、主人公はどんな気持ちでそのラスボスに相対するのかが曲の中に詰め込まれているんですよ、どうやったって熱い!!

今までのシナリオすべてを使ってぶん殴ってくる瞬間の!BGM!!積年の思いが果たされるのかもしれないし、戦いたくない相手なのかもしれない。あんまり褒められた楽しみ方ではないとは思うんですが、やったことのないゲームのラスボス曲を先に聴いて、エッなにこれどういうお話なの?と気になってはじめることがしばしばあります。

 

で、数年前に聴いて、度肝を抜かれたのが

レベルファイブダンボール戦機無印のラスボス曲、「希望と絶望の狭間で」です。

 

元々作品名は知っていたのですが、男の子が主人公のホビーアニメだよな?という認識しかなかったので、どう聴いても人死が出る、しかもおそらく戦いたくない相手=身内だろう、という感じの曲調であることに死ぬほど驚いて、どんな話なのかが気になりすぎてそのままゲームを買いに行きました。

クリアした後でも全く曲に負けてないシナリオというか、ああ、正にこの話のために作られた曲なのだなあということがよくわかり、一層好きになったのが数年前。

度々友人に「ほんとこの曲すごいんだよ」「ここがこうなっててさあ」という話を繰り返ししていたところ「それ一度まとめてレポートみたいにすれば?」との助言を頂き、それもそうだなと筆を執ることにしました。

 

以降、「ダンボール戦機」のネタバレ配慮一切なしの、独断と偏見による「希望と絶望の狭間で」の感想文になります。

これからプレイする予定でネタバレはちょっと という方は今のうちに引き返してください!

 

※なお、この聴き方が正解だなどと言うつもりはありません。一個人の感想です。

 

続きを読む